酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

食の原点

食の原点

食べ物の言葉の意味

食という漢字は、「人」が「良」くなると書きます。

物という漢字の語源は、「牛」+「勿」(生き物、動物の象形)であり、牛は昔からとても大切な生き物であり財産でしたので、物=大切という意味になります。

つまり、食べ物とは人が良くなる物、とても大切だということなのです。当然ですが^^;

人間は食べ物の化身

外国のことわざにこんなものがあります。

「You are what you eat」「あなたは、あなたが何を食べているかで決まる」

別の問いかけに変えてみると・・・「あなたは毎日病気を食べてはいませんか?」

つまり、人間は食べ物の化身であり、食べ物により大きく変容するということなのです。

現代栄養学の根本的な誤り

食べ物を五大栄養素(糖質、脂質、タンパク質、ビタミンとミネラル)食物繊維やカロリーなど、唯物的な視点のみで捉えていること。

栄養を満たすことで健康になれることを提唱していること。

タンパク源を肉類や卵、乳製品からの摂取をすすめていること。

・・・これらが考えられます。

ここに欠けているものが、何かおわかりですか?

食の真実の姿

生命あるものは、生命を食べなければなりません。

例えば、大豆は人間からみれば食料や飼料でしょうが、本当の姿は大豆の両親が、胚芽に生命をそして胚乳には栄養を託したものと考えます。

つまり生物とは、親から子へ生命を食べ物に託して伝えるものなのです。

まさに「食は生命そのもの」であると考えることができるのではないでしょうか。


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional