酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

酵素断食中に頭痛がおきた場合の原因と対応

酵素断食中に頭痛がおきた場合の原因と対応

◆低血糖と脂肪分解
酵素飲料の飲む量が少ないと血糖が低い状態になり、その代用エネルギーとして体内の脂肪が分解された「ケトン体」が使用されます。この代謝の状態では頭痛やふらふら感、吐き気や下痢などの反応がでる場合がありますので、この場合は規定の酵素飲料をこまめに飲むことが必要です。
適度(5倍程度)に水で薄めた酵素飲料を少しずつ飲むのも効果的です。

◆ホルモンバランスの乱れ
ファスティング(酵素断食)で頭痛を訴える方の多くは女性です。女性ホルモンが急激に変化する生理のはじまる1~2日前や生理中、更年期に頭痛が起こりやすいといわれており、その周期とファスティング(酵素断食)重なったためと考えられます。
ファスティング(酵素断食)のタイミングは生理が終わってからの約2週間位が最適といわれています。

◆寒さ(冷え)
寒い時期のファスティング(酵素断食)で頭痛を訴える方が多いです。寒さにより、頭部の血流が急激に変化することにより頭痛が起きやすくなりますので、頭部をはじめ体全体を冷やさない工夫が大事です。
水分を一緒に摂りますので、どうしても陰性過多になり冷えますので、お湯割りなど適度に温めて飲むことも改善の方法のひとつです。
また、直接エネルギーが取り込まれるために、消化や吸収などにおける発熱が低下するのも一つの原因ですので、酵素断食の時ほど積極的に体を動かしたり運動することが必要です。

◆毒素の排泄に関係して
血中の毒素が浄化されると、脳内に残った毒素のクレアチニン・尿素窒素・尿酸などが血液脳関門を抜けようとして、浸透圧による脳への水分移動により脳膜が刺激されて頭痛になることが考えられます。
逆に肝臓やその他臓器、細胞からの体内毒素が血中に流れ出し、血液脳関門により遮断されその毒素が停滞することにより頭痛や肩こりが起こることも考えられます。

◆一度に酵素飲料を多量に飲んだ場合
個人差はありますが、一度にたくさんの酵素飲料を飲むと(100ml以上など)血糖値の急激な上昇が起き、それにともなう心肺機能の亢進により血圧が高くなり頭痛が起こる場合があります。
この場合、一回に飲む量を減らしたり、水で薄めることにより解消します。

◆ナトリウムとカリウムの低下
ナトリウムやカリウム濃度が低下すると、だるさや頭痛をおこす場合がありますので、食塩や梅干し、昆布などを少量摂ると治まる場合が多いです。

◆ストレス(緊張)から来るもの
飲みにくい酵素飲料を飲む、あるいはファスティング(断食酵素)をすることによる心因的なストレスが考えられます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional