酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

酵素断食/ファスティング

文字サイズの切り替え 

酵素断食/ファスティング

昔から断食は、精神修養や健康法として行なわれてきました。ブッダが悟りを開くために断食をしたのは有名な話ですし、イスラム世界ではラマダンといわれる断食の期間があります。

こう書いていくと、なんだか宗教儀式や辛い修行のように思われますが、ここで紹介する断食は、心身のリフレッシュと健康を目的とし、高エネルギーの酵素飲料を使用しますので、水断食などとは違い無理なく安全に行なうことができます。

別の呼び方では、ファスティングともいい、身体を最初の健康な状態に戻すという意味で使われ、実際にアメリカなどでは癌治療にも利用されており若返りにも効果的です。

酵素断食(ファスティング)は、普段の食事以外の栄養を摂りながら・・・

①体内に蓄積された有害物質や老廃物、腸内毒素を排泄する。
②臓器を休ませリフレッシュさせる。
③余分な体脂肪を燃やす。

おもにこの様なことが期待できます。

おすすめの理由

現代病はまさに食生活習慣病、つまり食べすぎが原因の多くであり、過剰摂取していながら別の意味ではバランスが悪く欠乏症でもあります。

現代人を自動車に例えるならば、不完全燃焼を起しススだらけで汚れた排気ガスを出す車のようです。自動車のエンジンであれば、分解掃除も可能でしょうが、人間の場合は自浄作用を働かせるしかありません。

そこで、クリーンな高エネルギー食である酵素飲料を使い、特に腸を浄化し連携する肝臓の負担を軽減させ血液をきれいにし、腎臓負担を軽減させます。いわゆる、肝腎要(かんじんかなめ)を守るのです。

水断食などとは違い、しっかりとエネルギー補給しますから、低血糖昏睡などの危険性もなく、とても安心しておこなえます。

酵素断食(ファスティング)の周期と期間

定期的な断食をおすすめします。自分の場合、春の芽生え時期に7日間、秋の脂肪代謝に変わる頃に7日間おこないます。また、月に1回程度、特に新月や満月を中心に3日程度の断食も効果的です。

女性は生理後の2週間くらいがダイエットには適した時期だといわれています。

また、普段からは3食きっちりと食べるのではなく、そのうち1食を酵素飲料にするだけでもずいぶんと健康度合いが違ってきます。

具体的な酵素断食(ファスティング)方法

簡単には、自分の体重(kg)に係数8を乗じたml数を1日の飲用目安にします。

例えば、体重50kgの方の場合、50×8=400ml/日となります。

酵素飲料以外は水だけですが、水分は1日2リットル程度は必要です。

酵素水2リットルセット完了!

自分は簡単に済ませるために、まず2リットルの天然水を用意し、そのうちの400mlを空けて、そこに酵素飲料400mlを入れます。

これで、酵素飲料400ml:水1600ml、1:4で5倍希釈の酵素水2リットルが出来上がります。

これに適時水分類をプラスして、1日かけて酵素水2リットルを飲むことで、酵素断食は終了というとても簡単な方法です。

復食は、低脂肪低タンパクのものをよく噛んで少しずつ摂ります。あくまでも体調をみながらですが、はじめは生野菜などを口にすると良いでしょう。その味わいは格別ですから。

酵素飲料が1日400mlでは足りない場合があります。特に運動したりするとそうですが、その場合は気にせずどんどん追加して飲みます。飲みすぎての問題はありません。

自分の使っている酵素飲料で計算しても、コスト的に一日2,000円ちょっとですので、食費と考えても高くないと思います。何より健康と美容にいいのですからおすすめします!



INDEXへ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional