酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

肥満と腸内細菌

文字サイズの切り替え 


肥満と腸内細菌

一般的に肥満は、摂取カロリー過多と運動不足が原因だといわれますが、実際に大食いであまり運動しなくても痩せている人もいれば、たくさん食べなくても太りやすい人がいるのは事実ですね。

英国の権威ある科学雑誌「ネイチャー」の2006年12月21日号で、アメリカのワシントン大学医学部、ジェフリー・ゴードン博士のグループが発表した内容は次のようなことだそうです。

①「肥満型」と「やせ型」に特徴的な腸内細菌バランスがある。

②肥満のマウスの腸内細菌を別のマウスに摂取させると、総脂肪量が増加した。

つまり、「腸内細菌が肥満に関わっている」ということがすでに科学的に証明されているのです。

①「肥満型」と「やせ型」の特徴的な腸内細菌バランス

ほ乳類のおなかの中には、500~1,000種類の腸内細菌がいます。乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌やクロストリジウムなどです。ゴードン博士らは、この腸内細菌を大きく二つのグループ、バクテロイデーテス類とファーミキューテス類に分類しました。

肥満のマウスとやせたマウスを調べると、肥満のマウスにはファーミキューテス類が多く、バクテロイデーテス類が少ないという傾向がありました。人の場合も、肥満の人ほどバクテロイデーテス類が少ないという結果が出たのです。

さらに肥満の人が一年間、食事指導によってダイエットした結果、バクテロイデーテス類が増え、やせた人に特徴的な腸内細菌バランスに近づいていったのです。

これからのことから、「やせ型」と「肥満型」それぞれに特徴的な腸内細菌バランスがあるということが分かりました。

さらに、肥満のマウスの腸内には、消化が難しい多糖類まで消化分解してしまう腸内細菌がいるというのです。肥満のマウスは、消化能力の強い腸内細菌を持っていて、力ロリーをより多く摂取していることが分かったのです。

②腸内細菌により総脂肪量が変化する

遺伝的に肥満のマウスの腸内細菌を、無菌マウスに摂取させると、脂肪量が大幅に増えた。

まず無菌状態で育てたマウスに、肥満のマウスとやせたマウスの腸内細菌を与えました。肥満マウスの腸内細菌を与えると体脂肪が47%増加、やせたマウスの腸内細菌を与えると27%増。これは、肥満を促進する腸内細菌が存在しているということを証明するのに、十分有意な差だといえます。

これら二つの実験から、ゴードン博士はこんな風に結論しています。

「肥満原因は過食と運動不足といわれているが、それ以外の要因があるかもしれない。同じ食事でも太りやすい人も太りにくい人もいる。腸内細菌のコントロールで肥満を防止する可能性がある」。

腸内細菌はセルフコントロール可能

腸内細菌は毎日のように変化していて、食事や運動によって白分でコントロールすることができます。

たとえば、発酵食品を食べたり酵素飲料を飲んでいると、腸内細菌のバランスが変わり、その結果としてウンチの状態が変わってきます。肥満の腸内細菌だけを減らす方法は、まだ解明されていませんが、食事の内容を見直すことで腸内細菌全体のバランスを改善すれば、肥満の悪循環から抜け出すことができるはずです。

まずは、腸内細菌の状態を良好に保つことを考えた食生活が、とても意味があることだと思います。



INDEXへ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional