酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

老衰死

文字サイズの切り替え 


老衰死

NHKスペシャル 「老衰死 穏やかな最期を迎えるには」から学ぶ

老衰死が増加し2014年では75,000人に。自然な死を受け入れるという考え方の広がり。
今、老いによる死について徐々に明らかになってきている。最新の研究で見えてきたのは、緩やかに命を閉じていこうとする細胞のメカニズム。

死に至る過程は大きく3つのパターンに分類される

(1)亡くなる2か月ほど前から急速に機能が低下して死に至るガンなどのタイプ。
(2)心不全などの臓器疾患。病状の悪化を繰り返しながら機能低下していく。
(3)老衰死。機能が低下した状態が長く続き、徐々に死に近づいていく。他の死にはない緩やかな過程。

老衰死とは病気が全くないことを指すわけではない。病気を抱えていてもそれが直接の死因とならず老いによって亡くなる自然な死のことを指す。

老衰に共通した特徴

食べるという機能の変化
・亡くなる1週間ほど前から食事を摂らなくなっている。
・食事を食べていながら体重が減るようになる。
・数年前から体重の変化も起こっているという。

死の質について

欧米諸国では死を遠ざけるのではなく、“死の質”(Quality Of Death)を高めることに注目が集まっている。
「私たちは死を拒絶し、まるで永遠に生き続けられるかのように思いがちだ。死は負けだと考えるがそうではない。安らかに死ねないことが負けなのだ。死に向き合うことで人生は豊かになるのだ」(終末期ケア推進機関 ケリ トーマス教授)



INDEXへ

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional