酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

老化を考える

老化を考える

老化とは~ヒトの場合、環境条件などを整えても生理機能の低下が起き、誕生以来一定期間以内に死に至る寿命が存在する。
・肥満も痩せすぎも寿命短縮のリスク要因となる
・喫煙、糖尿病、高血圧などは老化を促進する
・運動習慣や適量の飲酒は老化を遅らせる

プログラム説

細胞分裂には限界数がある=テロメアは細胞分裂の度に短くなる。解決法としては、幹細胞のテロメラーゼの活性コントロールで不老不死の実現が可能か?

エラー説

細胞分裂の際に少しずつ発生する突然変異が徐々に蓄積されていき最終的に破綻する
DNA修復がDNA損傷の発生に追いつかなくなると次のいずれかの運命をたどる…
①細胞老化と呼ばれる休眠状態に陥る
②プログラム細胞死、細胞の自殺が起こる
③癌化する

活性酸素説

代謝に伴い発生する活性酸素により身体がダメージを受け老化が発生する。
代謝率の高い(活性酸素の発生量の多い)生物ほど寿命が短くなる傾向にある。
解決法としては、抗酸化作用の強い食品を摂取する、食べ過ぎない、酸化したものしやすいものを食べない、くよくよしない、忘れる、笑うなどがある。

摂取カロリー説

低カロリー食は多くの動物の平均寿命と最長寿命を延ばすと言われている。
食事=酸化(活性酸素の発生)=老化
細胞中でのDNA修復を増やし寿命の延長を示すといわれている。

糖化反応説

糖尿病患者の平均寿命は男性で-10年、女性では-15年
高血糖が生体のタンパク質を糖化反応させ、タンパク質本来の機能を損なう。
白内障や動脈硬化 老化+高血糖→進行促進

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional