酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

放射能

放射能・放射性元素と酵素飲料

基本情報

放射性元素の被ばくには2つ種類があります。
①からだの表面に付着した物質から被ばくする「外部被曝」
②呼吸や飲食などで体内に取り込まれる「内部被曝」
今、福島の原発で水や農作物が汚染され「内部被曝」が問題とされているのが、放射性元素の「ヨウ素131」と「セシウム137」です。

放射性ヨウ素131

放射性ヨウ素131は、吸収されると血液に乗って、30%程度が甲状腺に蓄積されます。約7.5日間ですが、短い時間に多くの放射線を出しますので、甲状腺が被曝するダメージは大きいとされます。
遺伝子についた傷が残ると、甲状腺ガンを引き起こします。高濃度の放射性ヨウ素131を吸収した、チェルノブイリ原発事故による子どもの甲状腺ガンは、事故の5年後に現われ始め10年後にピークになりました。
①物理的半減期(※1):8日  ②生物的半減期(※2):120日  ③有効半減期(※3):7.5日

セシウム137

セシウム137は、ナトリウムやカリウムと同じような動きをしますので、体内で吸収すると99日間体内に留まって排出されます。放射線の量も微量なため、ヨウ素よりも体内滞留が長くても、危険性が比較的少ないとされています。
しかし、セシウムは土壌粒子と結合しやすく、肥料成分と同じ動きをしますので、農作物にも取り込まれて、長期汚染の原因となります。
①物理的半減期(※1):30年  ②生物的半減期(※2):100日  ③有効半減期(※3):99日

酵素飲料(発酵飲料)との関係性

酵素飲料に、放射性元素そのものを分解する作用はありません。」
しかし、放射性元素の性質を見ると、「ヨウ素131」「セシウム137」ともに、その排泄には血液や体液などの代謝・排泄経路に関係するので・・・・
酵素飲料の飲用により、肝臓機能や腎臓機能が健全化することで、放射性元素の排泄がスムーズに行われることが期待できます。」
また、以前から酵素飲料を飲んでいる人は、癌治療などの放射線療法の副作用がとても少ないといわれています。
これは、含まれているβグルカンなどの免疫に関わる影響であるとも考えられ、即断はできませんが今回のような放射能汚染においても有効性は高いのではないかと思われます。

(※1)物理的半減期:放射性元素の放射能が元の半分に なるまでの時間
(※2)生物的半減期:体内に取り込まれた放射性元素が体外に排泄され半分になるまでの時間
(※3)有効半減期:物理的半減期と生物的半減期を相関させて、健康上の被害を計算した場合の時間


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional