酵素の達人 酵素飲料を利用した酵素断食やファスティング、ダイエットやデトックスなどの健康法や美容のことなら何でもお任せ!

宿便

文字サイズの切り替え 


宿便

宿便とはさまざまに定義されますが、自分が考えるとこんな感じです。

①流れの滞りやすい上行結腸(下から上に向かう)などに溜まった古い食物残渣。

②肝臓で代謝された老廃物の一部は、胆汁(脂肪やたんぱく質の分解促進)となり十二指腸へと排出される。

腸肝循環~体内で排毒できない物質が、胆汁とともに胆管を経て十二指腸管内に一旦分泌されたのち、再び腸管から吸収され、門脈を経て肝臓に戻る流れ。


断食をおこなうと肝臓機能がアップし、老廃物の排泄が盛んになり胆汁が多く排泄されるのと同時に、脂肪やたんぱく質を摂取しないので胆汁の多くがそのまま糞便となり排泄される。

ゆえに、糞便が宿便と呼ばれるドロッとした黒っぽい(胆汁が酸化)タール状になると考えられる。

※一般によくいわれる「腸管内壁にこびりついた古い便」などは、大腸の内視鏡検査ではほとんど見当たらないといわれます。



INDEXへ


powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional